FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶を無くす前に記しておこうと思う

こんばんは。

本当は化学の有機を来たる実践模試に備え訓練しておかねばならないのだが、先程どうしても一つ結構凄い発見をしてしまったので、記憶がなくならないうちに記しておこうと思う。

何時だかに、「掟上今日子の実用性」という記事を書いたと思う。
毎日記憶をなくす今日子の特性を活かした同人誌が沢山作れるのではないか、ということだ。

しかし先ほどドラマを見たのと、それもあってついでに今月のマガジンを読んだ結果あることに気が付いた。
いや一応それまでにも示唆はされていたのだが、どうも今日子は「前日に腕や脚に書いておいた記憶を元に行動する」らしい。
しかも驚くべきことに名前まで書いているので、きっと名前すらも忘れてしまうということだ。

ところで、所謂体に肉便器だの雌豚だの色々と卑猥な言葉を落書きするプレイは結構馴染み深いのではないだろうか。
ただ私としては正直コレを書くのはそこまで何か意味があることではないようにも思ってはいた。
何故ならそうした落書きを女体に書いたところでどこに挿入すればいいかなんて一目瞭然だし、どの部位を揉めばいいのか、こねればいいのか、そしてくすぐればいいのかなんていうのも全て一目瞭然だ。
強いて言えば官能的効果はあるのかもしれないが、正直微妙な気がしてならない。その場のノリというだけで第三者からしたらふ~ん、という程度。まぁ、そのボディペイントの過程で色んな所をなぞったりして快感を与えたりするという効果もあるのだろうが、正直その程度だろう。

ところが、この今日子の場合はどうだろうか?
前回の記事にも書いた通り、

一日目に大掛かりに犯しまくる→眠っている間に色々卑猥な言葉を書いておいたりする→起きてから書いてあることの確認をする&記憶がリセットされ前日に犯したのがバレないまま再び犯す

この流れを行う結果、記憶のリセットで再び初々しい反応が期待できるのもあるが、
いとも簡単に自分をマゾな雌豚だと知覚させることもできるし、色々物凄いプレイを「好んでいた」とでも書いておけば、その通りに動くという訳である。

他のことは前回の記事で概ね語ったと思うのだが、やはりつくづく思うのは、掟上今日子の実用性はやはり半端がないということである。
スポンサーサイト
[PR]

掟上今日子の実用性

今回からはカテゴリを「くすぐり」「その他アダルト」「その他日常」の3つに区分しようと考えている。

基本的にはくすぐりのことが多くなるはずなのだが、それに合併する形で別の性癖も実は結構ある事は前にも話した通りだ。
更に前に話したことを流用すれば、ショタおねと書いてあるのにおねショタ絵だったり、それと同様おもらし画像・動画と書いてあるのにただの放尿でしたというパターンが大嫌いである。
その為、このタイトルのブログを見に来る=くすぐりの記事を期待して見に来るということなのだから、それならば予めカテゴリを「くすぐり」「その他アダルト」「その他日常」に区分しておくことで、そういう裏切りをしなくて済むという寸法だ。

最も、その他アダルトに普通にくすぐりのことを絡ませることも多々あるので、その辺の分類はやや曖昧になってしまうこともあるやもしれない。

さて、そんなわけで今回は新カテゴリ「その他アダルト」について。

今朝予備校へ行く前に「月刊少年マガジン」を読んで、一つ「この設定はかなり使えそう」というモノを発見した。
「掟上今日子の備忘録」という漫画の主人公「掟上今日子」の設定がかなり同人誌向けなのだ。

具体的に言うと

・その日に起こったことは次の日には(厳密には睡眠から目覚めたら)すっかり忘れている

ということである。

即ち、仮に物凄いレイプをしたとしても、1度眠らせれば記憶はなくなるので1日逃がさずにおけばほぼ100%バレることのない肉便器となるのである。
二次元における性的ジャンルに関する知識が常人よりはあり、好きなシチュエーションがあり、更に地理的にも結構近い……にもかかわらず行かないという罰当たりな決定を毎年せざるを得ない某夏冬の巨大同人祭典においてもこの同人誌は出るんじゃないだろうか。
最も、ライトノベル版として去年の暮れあたりから出版はされていたらしいので、もしかしたら、いや恐らく既に何冊か出回り始めているだろう。

まぁ作品の有無はともかく、何度も何度も記憶がない故の新鮮な反応を楽しむということに興奮しない変態は居るまい。
完全に不思議系少女なので、実は結構淫乱という設定を付けるのも容易である。シチュエーションとしても「探偵」という比較的恨まれやすいものなので、構想は極めて容易であろう。

更に少々拡大解釈を付ければ、頭脳的な記憶が残らないだけで肉体的記憶については何も言及されていない。
いわゆる習慣のような、「頭で覚えておらずとも何か合図があればそれだけで体が勝手に動く」ような、「体に残る記憶」が消えるという記述はないのだ。

つまり、そうしたレイプ行為を毎日繰り返していくうちに
「記憶にはないのに体は否応なしに敏感に感じる、悦びを覚える。私はもしかして変態になってしまったの?」
という心理を与え、最終的に淫乱オチさせる同人誌も生まれさせることも充分可能なのである。

逆に体の記憶も残らないとすれば、それはそれで開発して段々感じていくようになる過程を楽しめるやもしれない。

ともかく何というか、この漫画については無限の可能性を感じる。
かつても似たようなシチュエーションの漫画はあったのかもしれないが、今目の前にあるのはこれなので、今はこちらを楽しめればと思う。

さて、今回はこんなところである。いつもよりは短いが、別に今回が短すぎるのではない。いつもが長すぎるのである。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。