FC2ブログ

まどか☆マギカにおけるくすぐりの有用性

こんばんは。

明日、どこかの時間帯でワルプルギスの夜がやってくる、とのことらしい。
二学期に入り早くも疲れが出てきているように感じるので、可能ならばここで一回休講日を入れてもらってゆっくり休みたいところであるが……まぁ、余り期待はしないでおこう。こういう時に限って晴れ渡るのが世の中の常である。

さて、ワルプルギスの夜と言えば「魔法少女まどか☆マギカ」を思い起こす方が8割であろう。
次いで宗教的な意味での「ヴァルプルギスの夜」、そちらの方を思い浮かべるという方も居るだろう。
最も私は恐らくは無宗教、強いて言えば腋・くすぐり教なので途方もない歴史を持つ宗教には属していないので、
私が指しているのは紛れもなくまどマギの方である。
そもそもまどマギってなんだよ、と言う方はニコニコ動画あたりに少しお金を払うといい。多少画質は悪いがその場ですぐに観ることが出来る。

では、何故そんなまどマギをこうして話題に出したのか?
それはカテゴリが全てを物語っている。そう、擽りがいのありそうなキャラがメインの5人中3人も居るのだから。

まず、美樹さやか。

私たちの界隈に居る方にとっては、さやかと擽りのコンビもまたオーソドックスであろう。
見ても分かる通り、さやか=腋キャラという図式を一発で完成させてしまったのが魔法少女姿。
地味にまどマギメインキャラの中では二番目に巨乳であるが、正直私は胸にはそんなに興味がないし、
何より中学生の時点で巨乳ナンバー2と言われても正直高が知れるというものであろう。
しかしながら本編においては間違いなく最も正常に近い中学生キャラであり、それが故の未熟ながらも健康的なエロスが存在しているのは紛れもなく事実。
結構強気っぽい性格なので、そこもグッド。
残念ながらまどマギの中では不人気扱いのようだが、私はそうは思わない。むしろトップレベルに擽りたいので堂々の第一位である……と思われた。
が、上には上が居た。

佐倉杏子。

腋に加えてヘソまで持ってきた。なんという二段構え。
変身していない時はしていない時でヘソ丸出しだし、変身したらしたで今度は腋が出てくる。
正直、彼女は擽られるために生まれてきたのではないかと思わなくもないレベルである。

さやかよりも強気なので、しおらしくなった時はたまらなくかわいいハズ。是非くすぐって主導権を握りたいキャラの一人である。
ちなみにアニメの展開の都合上杏さや、さや杏なんていうカップリング反応も素晴らしいものがある。是非レズくすぐりで乱れ合う姿を見たい、というか二人とも乱れさせてみたい。

まあ、本編の中ではここまでである。
しかし、叛逆の物語編で大どんでん返しが起きた。そう、暁美ほむらである。

その人気ぶりや「ほ」と画像検索するだけでそこそこ画像が出てくる程であり、「ほむ」まで入れようものなら完全に画像検索がほむらで埋まるとかそんなレベルである。

さてこのほむら、実は本編ではそこまでくすぐりキャラになるという印象は……いや、私個人としては結構あるが、一般的に見れば薄いだろう。
私としてはあのようなクールなキャラは是非くすぐって破顔させたいものなのだが、
そうはいってもコスチューム的な意味ではまどマギでも一番戦士っぽくかっちりしているし、残念ながらそのような印象は薄いと言わざるを得ない。シャルロッテ結界に入れたら是非マミリボン拘束中のところでガリガリやりたいけど、ぶっちゃけ連想させるシーンは精々そこまでである。

が、彼女は叛逆の物語のラストで文字通り一肌脱いだ。
その結果、何と変身シーンと同時に一気に腋を御開帳するというとんでもない所業を成し遂げたのである。

更に言うと悪魔ほむらはコンセプトとして正しく女悪魔らしく、とてつもなく妖艶である。
はっきり言ってまどマギ随一の巨乳たるマミさんが脱いだところであそこまでは行かない。貧乳だとか巨乳だとか、そう言ったところを越えた次元に彼女の悪魔的エロスが存在している。
所々で見せる表情も最早中学生の域ではない妖艶さを誇っており、物凄く堕とし甲斐を感じるキャラなのである。
ただとても残念なのが、悪魔ほむらをくすぐり受けにした同人やSSは殆ど存在していないことである。一応SSでは一作品だけ確認した。最も、くすぐり描写がそのSSではサブであったにもかかわらず余りあるエロスが迸るあたり流石と言えよう。


なお、まどか及びマミは受けというよりはむしろ責めであろう。ああいうおっとり系のキャラが責めに転じるのはかなりギャップ萌えする。
特にまどかは是非悪魔へ叛逆して、ハードなくすぐりプレイを展開する薄い本が出てほしいものだ。丁度くすぐりに使えそうな羽根も生やしているのだから。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる