FC2ブログ

~の~性とかいうタイトルはそろそろやめようと思う

こんばんは。
いや、特にネタはないけど。とりあえず、タイトルの通り妙な記事タイトルにするのは止めようということである。

さて、今回も今回とてくすぐりについて少し語ろうと思う。
しかし今回は対象を変え、二次元から三次元に向けていくことにする。

まず、二次元くすぐりと三次元くすぐりについて、相違点や各個メリットを論じてみようかと思う。

二次元くすぐりにおいては、まず声の表現の有無としては「台詞のある・なし」で問われてくる。
勿論台詞がある方がシチュエーションの妄想も捗るし、作者のその絵に対する入れ込み度合いも高いと言えよう。

個人的に思うのが、台詞がなくてもこれは良い絵だと思うくすぐり画像は殆ど見かけない。何故か?
それは結局のところ、無理やり笑わされているかどうかに力点が置かれるからだと思う。例え全身に羽や指が這いまわり笑顔であったとしても、声の表現がないとどうも後述するリアリティに欠けるのである。絵の時点でリアリティも糞もないと思うかもしれないが、そこは雰囲気という奴で何か理屈で説明出来るようなものでもないと思う。

一方、三次元はどうか。
三次元はある意味二次元以上に声の表現の有無の差が露骨に出るだろう。というのも、三次元に声の表現があるかどうかって、要するに「画像」なのか「動画」なのかの二択だからである。
そして、たいていの場合三次元くすぐり「画像」となると、まぁ決して悪くはない画像もあるのだが、
三次元の最大のメリットを活かしきれていない以上は画像という場において最強の座を担う二次元くすぐり画像に敵うことはない。

では、その三次元最大のメリットとは何か?
それはずばり、動画でこそ現れるだろう。
擽られたときの躍動感ある動き、そして何より、無理やり笑わされることに起因する本能的・動物的な「声」であろう。

勿論二次元でも、アニメという手法を用いればコレを実現できないことはない。ないが、そのような作品は殆どない。くすぐりのシーン自体が見掛けられたとしても、それは所謂お遊び、「ソフト」なものだ。
ソフトでもいい! と言う方なら良いだろうが、私個人としてはハードな方がずっと好みなので、
私の中ではやはり二次元くすぐりが三次元くすぐりのフィールドに立つこともまた不可能なのである。

何より、声の出方が大分違う。私も一応くすぐりフェチの端くれとして、とあるくすぐりボイスノベルを購入したことがある。
シチュエーションは間違いなく満点だったし、素人ではなく声優がやっているのでそれなりに声は上手い。
上手いのだが、何かが違う。元の理性的な声質が、やはりどうしてもそこそこ残ってしまっているのだ。

一方で、三次のものはどうか?
確かにAVなどは基本的に演技じみているものが多い。
くすぐりでも適当に喘がせておけばいいか(笑)等と考えているのか、笑い声とは全く無縁な嬌声を上げるに終始する作品もチラホラ見掛ける。

ところが、くすぐりとは多少の個人差はあれど、基本的には同等のくすぐったい感覚を得られるモノである。つまり、性的快感を受けた時のような演技をする必要性がかなり薄いのである。
それ故、AVであっても明らかに本気で笑わせに掛かっている作品も少なからず存在はしている。特に海外のモノ(私は国内モノの方が好きだが)。
そしてそれは、決まって元の声とは違う……いや、声質とかそういう点では一致しているが、明らかにこう理性を失っているというか、野性的というか、極めて純粋な笑い声なのである。
我々の欲求を紡ぎ、性にまみれたスタジオの中で自らを演技のない自然な痴態として映し出させているのだ。
純粋に我々くすぐりフェチの願いを叶える、ただそれだけのために。
最初の方は結構普通に若者声だったのが、笑わせてみるとだらしなさげなオバサンみたいな声で大笑いするとか。そういうのもギャップがあってかなり良いと思う。

その為、リアリティという点においては動画三次>二次、という図式が完成せざるを得ない。

とはいえ、リアリティだけで語ることが出来ないのもまたくすぐりである。
リアリティを追い求めていくと、大抵の場合はある一線を越えることは出来ない。
流石にAVでもそこまでは出来ないのだろうが、ガチ失禁とかそんなレベルまで行くのはほぼ二次元だけであろう。

一応三次元でも作品によっては漏らすが、何というか妙に表現が暈かされていたり、漏らす場面に限って顔ばかり映しているとか、そういうことがとにかく多い。
いや、破顔を観るのも興奮はするが、漏らすときは折角なのでリアルタイムで股間を眺めたいのである。ついでに、漏らした直後の赤面も見られればなおよい。
出来れば成熟した体であることを認知できるよう、陰毛の間からシャアアア……という感じならばなおよい。
が、それを見られる可能性は結構低いのである。

一方で二次元ではどうか?
好きな構図を描けるので、目的に応じて腋ドアップ、足裏ドアップ、ヘソドアップ、顔ドアップ、股間ドアップ、全身画像と切り替えることは容易である。
そして、そこが三次元くすぐりと二次元くすぐりの最大の相違点の一つと言えよう。

三次元は上手いことリアルでセフレならぬ「ティフレ」を作り自分の視覚そのもので相手の痴態をじっくり見てやろうというならともかく、
そうでなければ監督の気まぐれが結局そのくすぐりの「場」における、全ての事象たりえてしまうのだ。
例えどれ程破顔しようと、暴れ狂おうと、汗を流そうと、涎を流そうと、漏らそうと、その瞬間瞬間が我々の目に、我々の欲望に忠実に映し出されるかどうかは全て監督の気まぐれなのである。

一方で二次元は違う。
確かに絵師の気まぐれもある。
あるが、3次元とは違い、人柱はAV程は必要ない。その時点でハードルは物凄く下がるし、無限の可能性が残っている。
例えば、自分とは別の絵師であってもリクエストすれば気前のいい方であればお好みの構図を描いてくださるやも知れない。
そうでなくても自分で描いてみる、SS化するなど、妄想の糸口は幾らでも広げられるのである。
AVでも出来るのではないかと思われるかもしれないが、AVは既にストーリーが完成していることが前提なので、なかなかそれ以上の域を出ないのだ。
そうした可能性を有しているか、いないか。これもまた、二次元くすぐりと三次元くすぐりの最大の相違点の一つであろう。

つまるところ、全く角が立たない意見で申し訳ないがどちらも違ってどちらも良いということ。

ただ、私個人としては今はどちらかというと三次元派である。コミケが終了した今、やはり絵の供給も少なくなっているので二次元の良質な新規くすぐり画像はそう沢山は生まれてこないだろう。
しかし三次元にハマったのは割とつい最近なので未視聴のモノも沢山あるし、恐らくその中には私にドストライクな超ハード展開のものもあるかもしれない。
それ故、今は三次を開拓しているのである。ただ悲しいかな、先述したとおりよさげなシチュエーションに限って洋物ばかりが見つかる。
和物で超ハードくすぐり、あるにはあるがなかなか新規作品は見つからないので、この三次開拓期間もそう長くはないかもしれない。

なんだろう。三次元とか二次元とか使っているとベクトルの問題を解いている気分である。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる